芸能

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 16:59:09.09 ID:???*.net
    ◆YUKI、aiko、石田ゆり子…老けとは無縁な女性9名に共通する大きな特徴

    人は誰でも年齢を重ねるとともに容姿も変わり、老化していくもの。
    ごくごく自然な現象なのだが、気の毒なことに芸能人においては
    これを「劣化」と揶揄されることも多い。
    人間は工業製品ではないので、「劣化」というワードは正しくないのだが、
    芸能人は容姿も含めて商品化されていると思われている性質上、
    毎日のように「誰それが劣化した」とネット上で盛り上がる。

    一方で、年齢による老化がはっきり表れる人とそうでない人がいるのも事実で、
    後者の芸能人は「○○歳には見えない!」と絶賛され、あるいは「劣化知らず」と
    形容される。
    一体なぜ彼らが年相応に老けていかないのか……
    対面してインタビューを試みたところで正直な回答は得られないだろう。
    彼らの共通項を探るべく、今回は、メディア登場のたびに感嘆の声が上がる
    年齢不詳のアラフォー・アラフィフ女性芸能人たちをピックアップしてみた。

    ■aiko(39)

    写真:『泡のような愛だった』(ポニーキャニオン)
    no title


    とにかく童顔で98年のメジャーデビュー(当時22歳)から顔がまったく変わらず、
    シミもシワも増えない。
    女性ファッション誌がほぼ5歳刻みで対象読者年齢を変えていくつも
    刊行されているように、「年齢に合わせてファッションを変える」ことは
    常識化しているだが、彼女に至ってはTシャツ+デニム+スニーカーといった
    カジュアルスタイルを20代から現在まで続け、違和感もなし。
    髪型はショートボブの明るい茶髪というイメージが強いが、
    胸までのロングだった時期もありお団子アレンジも似合う。
    彼女が老けて見えないのは、小柄な体格・白く陰のない肌・
    豊かな毛量と髪のツヤ、この3点が絶妙なバランスで整っているからだろう。

    ■the brilliant green 川瀬智子

    写真:twitterより
    no title


    テレビで見かける機会は少なくなったものの、
    Instagramでは金髪ロングヘアのガーリースタイルをいまなお変わらず披露。
    かつての姿に比べるとややふっくらした感はあるものの、
    儚げな魅力と独特の世界観は健在。
    aiko同様に華奢な体格・やはりシミもシワも増えない白肌・
    長く変わらない独自のファッションスタイルが、
    彼女の20代からそのままワープしたような世界観を保っている。
    世間の持つ「40歳女性」のイメージからは大きくかけ離れた女性だろう。

    mess-y(メッシー) 2015.09.23
    http://mess-y.com/archives/22752
    http://mess-y.com/archives/22752/2
    http://mess-y.com/archives/22752/3

    >>2以降に続きます。

    【【芸能】aiko、原田知世、森高千里、YUKI、石田ゆり子…老化とは無縁な女性9名に共通する大きな特徴(写真あり)】の続きを読む

    1: 日本少女 ★@転載は禁止 ©2ch.net 2014/12/23(火) 14:53:16.82 ID:???0
    陣内智則が、松本人志のランチ会メンバーによる忘年会の写真をツイッターに投稿した。
    読者から参加メンバーや三又又三の店についてのコメントがある中で、「胸筋(笑)」と松本人志の鍛えられたボディが注目を集めている。
    陣内は松本の人柄に感じ入って「偉大な方」と感動しているが、心身ともに充実しているようだ。

    ◆画像
    no title

    no title


    12月19日に“松本人志ランチ会”のメンバー全員がそろって忘年会が行われた。
    陣内智則が『陣内智則(jinnai_tomonori) ツイッター』で三又又三のバーで開かれたことを伝えて、集合写真を投稿した。
    彼が「若手にも僕にもめちゃくちゃ為になる楽しい会でした!」とつぶやくその空気が分かる。

    読者も「凄く良い写真です!」、「楽しいメンバーで素敵ですね」と和んでいるが、
    やはり中心人物だけに「松本さんめっちゃワイルドですてき~」と目を奪われるのは仕方がない。
    だが、「Blondeな松本さん、身体も凄いッ」、「異常な胸板(笑)」、
    「松ちゃんの胸筋スゲーッス!!」とその胸板の厚さに注目が集まっている。

    松本人志は結婚してから“家族を守る”ために体を鍛え始めたという。
    その効果でムキムキのがっちりした体型になったが、普段はスーツを着ているので目立たない。
    この日は、トレーナー姿で写っているのでそのボディラインが明らかとなった。

    一方、陣内智則は「松本人志のお笑いに対する熱と愛情を感じた忘年会やった。
    若手の行く末まで考えてくれている偉大な方」とその人柄に感動しており、
    「やっぱりあの方は凄いな。少しでも近づけるように精進しよ!」とつぶやいている。
    こうした場ではテレビで見せる松本人志とは一味違うようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9606290/

    【【芸能】陣内智則がTwitterで公開した「マッチョ」すぎる松本人志が話題©2ch.net 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 18:26:19.19 ID:???*.net
    18日に放送された「明石家さんまのコンプレッくすっ杯 貧乏女王が現る!秋のカミングアウトSP」(テレビ朝日)に出演した斉藤こず恵。

    子役として活躍していたのは、はるか昔のこと。
    現在は47歳になり体重は75キロ。マックス100キロ近くあった体格は、肝っ玉母さんを彷彿させる姿となり、可愛かった子役時代の面影はなくなってしまった。

    今回は「おデブ女代表」として、ともに出演したのが、渡辺直美、頼経明子、ゆいPだが、その中でも斉藤の食べっぷりは、もの凄い量だった。

    スタジオトークでは、「唐揚げを200個、生ハム、ローストビーフはブロックです」と、驚異的な食欲を暴露して、「海賊みたい」とゲスト陣を騒然とさせた。

    実際に斉藤のランチ風景は目を疑うばかり。自炊をするときは、パスタを2袋。実に8人前。
    ゆで上がったパスタを大皿に盛り、ニンニク、アンチョビ、マヨネーズ、めんつゆをたっぷりとかけて、かき混ぜる。
    最後にスモークハムをトッピングして「いただきます」と食べる姿に、スタジオ内は騒然。
    もっと太っていた全盛期には、ピザなども一緒に食べていたそうだ。

    20分でぺろっとパスタを平らげてしまった斉藤に、スタジオ内からは、「ヤバい」との声が続々とかけられた。

    また、太っていることで起きる悩みはやはり洋服。
    ズボンをはいても、太ももが擦れてしまい、1ヶ月ほどで穴があいてしまい、買い換えることになる。

    ちなみに、太っているか痩せているかの基準は、立ったときにつま先がみえるかどうかで、他の「おデブ女代表」も意見が一致していた。

    それにしても、斉藤の食欲はハンバない。
    食欲があるのは健康とも言えるが、度を超した食欲は異常。生活習慣病には気をつけてもらいたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1014982/
    学生の窓口 2015.09.19 09:55

    no title

    【【芸能】斉藤こず恵 ランチにパスタ8人前を平らげて「ヤバすぎる!」】の続きを読む

    1: 的井 圭一 2015/03/04(水) 23:52:28.39 ID:kExSEXhr0●.net BE:511393199-PLT(16073) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_unko.gif
    「会長、もっとしなやかに、もっと美しく、それでいて強い、そんな動きをステージでやりたいんだ!」
     「本気か? 本気でやるつもりならば、私も一緒にやるから頑張れ!」
     長渕の率直な願いを宮畑会長は受け入れてくれた。
     しかし、トレーニングは想像よりもはるかに厳しかった。
     「ジムには、ホンモノがうようよいる。ホンモノのなかに歌手一匹。周囲が100kg以上のバーベルを当たり前のように持ち挙げるなかで、
    ギターより重いものを持ったことがなかったオレは、5kgのダンベルからスタートだ。恥ずかしかった。
    その後も10kgや15kgを必死に持ち挙げたが、誰も口をきいてくれない。クソッ! 今に見てろよ!」

    しかし自尊心ってやつが傷ついて、ジムに行くことが苦痛でしかたがない。
     「会長、オレはまず、ジムに行く身体を作るところから始めなくちゃだめだ」 正直に訴えた。
     「翌日から会長がオレの自宅ジム兼道場に来た。厳しい。もう地獄の日々。身体じゅうが痛い。朝起き上がることもできない。スポーツの爽快感なんてゼロだ。
    見てろよ! お前ら、見てろよ! 歯を食いしばった。恥をかこうが、胸板薄っぺらいねー、と笑われようが、何年後かに理想の身体で理想のステージをやるという意地だ
    けで続けた。あの時期、オレにとって最も大切な歌もやめた。トレーニングのために。
    いや、真実は肉体の軋みと痛みで歌どころじゃなかった。それでも決めた以上は、地獄の痛みと向かい合った」
     自宅の壁には自筆で書いた紙を貼り付けた。
     「肉体改造」
     毎日その文字を見て、自分の身体に負荷をかけ続けた。
     「最初の頃、当時のオレの体重、56kgのバーベルを持ち挙げようとしたことがあった。
    しかし、それさえも挙がらない。自分の体重さえも持ち挙げきれないのか! 川で溺れている30kgの子供さえも助けられないのか!と、そんな自分が嫌だった。
    会長の叱咤はさらに続いた。会長は叱咤だけではない。オレよりも年数が15も上なのに、一緒にやるのだ。3倍もの重量で、いとも簡単に! 
    一緒にトレーニングをやるのだ。会長の後に続いてやるのだ。会長が同じことをやるから、断念するわけにはいかないのだ」
     ベンチプレスで100kgを挙げるまでには8年を費やした。
     「男は、意地のためには、プライドは捨てる。恥をかいても目的に向かっていくことを諦めちゃだめだ」
    http://goethe.nikkei.co.jp/human/101228/index.html

    no title

    【長渕剛「ジムで皆が100kg挙げる中俺は5kgのダンベルから始めた ベンチ100kg挙げるまで8年かかった」 [511393199]】の続きを読む

    このページのトップヘ