食べ物

    1: ひろし ★ 2015/09/15(火) 23:53:35.95 ID:???*.net
    ★みんなが朝食で食べているのは「ご飯」か「パン」か?

     マイボイスコム株式会社は『朝食』に関するインターネット調査を2015年5月1日~7日に実施し、11787件の回答を集めた。
    調査の結果、朝食を毎日食べる人は7割強、男性20代では5割強となった。また、朝食にかける時間は「6~10分以内」
    「11~15分以内」がボリュームゾーンとなっている。朝食を「ひとりで食べることが多い」人は5割弱で、「テレビをみながら食べることが多い」人は3割。
    「テレビをみながら」食べる人は2013年より減少した。

    ◆朝食の頻度、かける時間

     朝食を食べる人は9割弱。「毎日食べている」は72.9%、50代以上では8割を超えている。
    男性20代では朝食を食べる人が他の年代より少ない傾向で、「毎日」が5割強、「ほとんど食べない」が2割みられた。
    また、朝食にかける時間は、「6~10分以内」「11~15分以内」が各2~3割でボリュームゾーンとなっている。
    男性20~40代では、「10分以内」が5割強~6割を占めた。女性は年代が高いほど、「15分以内」が少ない傾向がみられた。

    ◆朝食の準備方法、食べるもの

    「家で調理・準備したもの」を朝食で食べる人が82.5%、「スーパーで購入したできあいのもの」「パン屋で購入したもの」
    「コンビニで購入したできあいのもの」が各1~2割となっている。若年層では、スーパーやコンビニで購入した「できあいのもの」が多くみられた。
    朝食で食べるものを聞いたところ、「パン類」が朝食を食べる人の69.0%、「ご飯類」が51.6%、
    「コーヒー、コーヒー系飲料」「ヨーグルト」「卵や卵料理」「お茶系飲料」「味噌汁」「果物、フルーツ」が3割弱~4割で続いている。
    「味噌汁」は、過去調査と比べて減少。「ご飯類」は若年層、「コーヒー、コーヒー系飲料」は高年代層で多くなっている。
    東北では「ご飯類」が「パン類」を上回り、「卵や卵料理」「味噌汁」「納豆」が他の地域より多い傾向がみられた。
    近畿では「パン類」が他の地域より多く、「ご飯類」「納豆」が少なくなっている。

    (以下略 全文はリンク先で)
    http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150915-00010005-biz_dime-nb

    no title

    【【食/調査】みんなが朝食で食べているのは「ご飯」か「パン」か?…「パン類」69.0%、「ご飯類」51.6%】の続きを読む

    1: キャプテンシステム ★ 2015/09/17(木) 19:50:41.41 ID:???*.net
    ポテトチップスなどジャンクフードにハマった元警備員。
    体重は190kgを超え、腰を痛めて車いす生活を余儀なくされていたとのこと。

    しかし彼はポテトチップスを捨てることで、実に100kg近くのダイエットに成功したのです。

    彼は10ヶ月に渡ってジャンクフードや外食、アルコールを断ったとのこと。
    健康的な食事をとることで、なんと体重は半分にまで落とせたのです。
    今ではジャンクフードはほとんど食べず、野菜や肉、オートミールや卵白などを主に食べているとのこと。

    ダイエット前の食事(1日分)
    ポテトチップス3~4袋
    チョコレートアイス(ビッグサイズ)
    チキンケバブ
    ピザ(10インチサイズ)
    フィッシュ・アンド・チップス

    ダイエット後
    マッスルフード・プロテインバー
    マッスルフート・プロテインアイス
    キャベツとチキンの巻物
    高タンパクピザ半分
    サツマイモのフライドポテト
    焼き鮭

    no title


    no title


    http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/former-bouncer-addicted-crisps-sheds-6459221

    【【英国】ポテトチップスなどにハマった体重190kg男性、「断ジャンクフード」ダイエットに成功】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2015/09/13(日) 20:30:51.94 ID:???*.net
    米健康指標評価研究所(IHME)の学者らは、早すぎる死の最大の要因は
    不健康な食生活にある、とした。The Independent.が伝えた。

    不健康な食生活とは、具体的には、フルーツ、野菜、木の実、穀物をとらず、
    肉、塩、ノンアルコールの甘い飲み物を多量に取る生活だという。

    不健康な食生活はアルコールや煙草よりもっと大きな悪影響を人体にもたらす。
    不健康な食生活によって人体の機能は不安定になり、夥しい疾病が併発する。
    たとえば心臓、脳卒中、糖尿病その他の慢性疾患が発現する。

    研究で国によって同じ要因が違うふうに死亡率にひびいていることも分かった。
    東南アジア・インドでは、劣悪な環境が死因の上位だが、平均収入の豊かな国では
    煙草が有力な死因となっている。ラテンアメリカ諸国と中東諸国では栄養不良、
    汚れた水、無造作なセッ〇スとアルコールなど、いくつかの要因が主要なものとなっている。

    健康リスクの主因をめぐるこの調査は108諸国を対象に1990年から2013年まで行なわれた。

    no title

    http://jp.sputniknews.com/science/20150913/890956.html

    【【科学】米国の学者ら「早すぎる死の最大の要因はファストフード」】の続きを読む

    このページのトップヘ