アメリカ

    1: ショルダーアームブリーカー(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 11:59:29.13 ID:RtqMbHYD0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/2syobo_2.gif
    アメリカでは全体の12%の子供たちがカロリー摂取はファーストフードからだそうです。
    no title


    ファーストフードに含まれるのはピザ、ハンバーガー、フライドポテトです。
    それらは子供たちにとってとても魅力的で、ファーストフードを食べすぎ、
    太りすぎてしまいます。ここ10年間、17%のアメリカの子供達が肥満になっています。
    http://www.hitechnews.top/archives/43171270.html

    【アメリカでは1割以上の子供たちの主食はピザであることが判明】の続きを読む

    1: いちごパンツちゃん ★ 2015/09/11(金) 14:04:20.12 ID:???*.net
    【AFP=時事】米国の成人人口の約半数が糖尿病、または糖尿病予備軍であることが8日、
    発表された論文で明らかになった。
    ただし、糖尿病患者の数は、過去数十年にわたって増加を続けていたが、現在は横ばいの
    傾向にあるという。

    米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に掲載された論文
    によると、2011~12年に、米国の成人人口の40%近くが糖尿病の前段階にある「予備軍」で、
    12~14%が糖尿病を患っていたという。

    糖尿病患者の割合は、ヒスパニック系が22.6%と最も高く、その後にアフリカ系の21.8%、
    アジア系の20.6%と続いている。白人の調査対象者の糖尿病有病率は11.3%だった。
     
    また、1988~94年には、米国人の9.8%が糖尿病を患っており、2001~02年には同10.8%、
    2011~12年には同12.4%に増加している。

    しかし、研究者らによると、最近の増加率はわずかであり「糖尿病の有病率が頭打ちになった」兆候
    であるとも考えられるという。これについては、同時期に米国での肥満傾向が、ほぼ横ばい状態に
    なったこととも一致している。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000042-jij_afp-int

    no title

    【【米国】アメリカの成人、約半数が「糖尿病」か予備軍と発表】の続きを読む

    1: サソリ固め(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 09:00:02.74 ID:rey3Sx6x0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_uwan03.gif
    アメリカ人は、ベーコンが好き。これは紛れもない事実です。
    しかし、もしこの世にベーコンのようなあの塩味のきいた味で、
    ヘルシーでコレステロールも低く、安いのがあったらどうしますか。
    オレゴン州立大学の研究者が、数ある中の海藻から、
    料理をしたとき非常にベーコンに似た味になる海藻を発見しました。
    もしかしたら、今後は海藻ベーコンがベーコンの代わりに
    主流になる日が来るかもしれません。
    ベジタリアンの人も食べれることができる優れものです。
    no title

    http://www.heavenfire.top/archives/41537697.html

    【ベーコン味の海藻が発見される アメリカからデブが駆逐される日が来るか・・・】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2015/02/28(土) 01:00:15.97 ID:???*.net
    台湾・東森新聞雲は25日、米国の研究者らがまとめた「最も“中毒”になりやすい(病みつきになりやすい)食べ物」ランキングについて紹介した。
    1位は「ピザ」、2位は「チョコレート」、3位は「ポテトチップス」という結果だった。
    この調査は米国の大学2校の研究者らが共同で行ったもので、肥満や過食症などの治療法の研究に役立てることを目的としている。
    米ハフィントンポストの報道によれば、研究は第1段階として大学生120人、第2段階として18~64歳の市民398人を対象に実施。
    料理や菓子、野菜など35種類の食べ物のうち、「“中毒”になりやすい」、「“中毒”になりにくい」ものについて調べた。
    その結果、「最も“中毒”になりやすい」とされる食品の上位にはピザ、チョコレート、ポテトチップスと、複雑な加工が加わり、味が濃い食品が並んだ。
    一方、「最も“中毒”になりにくい」とされる食品は「キュウリ」で、ほかに上位に入ったのは「ブロッコリー」、「味の付いていない玄米」など、自然な味のものだった。
    研究者の1人は、「味の濃い加工食品はたばこや酒のように無意識のうちに過度に摂取しやすく、血糖値を急速に上げることになる」と指摘している。
    (編集翻訳 恩田有紀)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150226/Xinhua_10217.html

    no title

    【【食】米研究、最も“中毒”になりやすい食べ物…1位「ピザ」、2位「チョコレート」、3位「ポテトチップス」】の続きを読む

    このページのトップヘ