死亡率

    1: エメラルドフロウジョン(栃木県)@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 08:16:08.03 ID:KAjvLXaO0.net BE:886559449-PLT(21000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/8toushinnomonar32.gif
    「自分は実年齢より若い…」と思う人の死亡率は低い 中高年の英国人6500人調査 

     自分は実年齢より若いと思っている高齢者は、そうでない人に比べて死亡率が低いようだ。
    英ロンドン大の研究チームが米医学誌にそんな調査報告を発表した。

     加齢に関する英国の長期研究に参加した52歳以上の男女計約6500人に、
    2004年から05年にかけ「自分では何歳ぐらいだと感じますか」と尋ねた。実年齢と回答との差によって
    グループ分けし、13年3月までの追跡期間(平均8年3カ月)中の死亡率を比較した。

     対象者の実年齢の平均は65・8歳、自己評価年齢の平均は56・8歳。自己評価年齢が
    (1)実年齢より3歳以上若い(2)実年齢並み(実年齢マイナス2歳~プラス1歳)(3)実年齢を1歳より多く上回る
    -の3群に分けた。このうち、3歳以上若く感じる人たちの割合が69・6%と最も多かった。

     死亡率は、自己評価年齢が若い方から順に(1)14・3%(2)18・5%(3)24・6%で、
    実年齢より年上だと感じる人の死亡率が明らかに高かった。死因別では、心臓血管系の病気による
    死亡と関連がみられたが、がん死との関連はなかった。

     実年齢より老いていると感じる背景を探るため、研究チームは体の病気や鬱、
    喫煙などの生活習慣といったさまざまな項目について影響を分析した。その結果、病気や不健康な
    生活習慣などがあると死亡リスクが高まることは分かったが、それらの影響だけでは、
    死亡率の高さは説明できなかった。

    http://www.sankei.com/life/news/150311/lif1503110014-n1.html

    no title

    【「自分は実年齢より若い」と思う人の死亡率は低いことが判明 永遠の10歳のお前ら大勝利】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2015/02/24(火) 17:47:22.05 ID:???*.net
    筋肉量が少ない高齢の男性は、死亡率が約2倍にあがるという調査結果を
    厚生労働省研究班がまとめた。筋肉量が少ないと全身が衰えて免疫力や抵抗力が落ち、
    肺炎など呼吸器の病気になる危険性が高まるためではないかと分析している。

    放射線影響研究所(広島市)で定期的に健診を受けている47~92歳の一般の男性
    626人の全身の筋肉量や骨量、骨密度を1994~95年にエックス線で測定した。
    筋肉量が40歳以下の標準値の8割より少ない人の割合は、60歳代で52・8%、
    70歳代で70・6%と高齢になるほど多かった。

    測定した人を12年間追跡。この間に197人が死亡した。筋肉量が40歳以下の
    標準値の8割より多い人と少ない人の二つのグループに分けて調べたところ、
    死亡率は年齢などほかの影響を除いても、少ない人の方が1・9倍高かった。
    死因別でみると、肺炎や慢性閉塞(へいそく)性肺疾患など呼吸器の病気が2・6倍高かった。
    がんや脳卒中などでは有意な差はなかった。

    http://www.asahi.com/articles/ASH2S36QYH2SULBJ001.html

    no title

    【【調査】筋肉量少ない高齢男性は死亡率2倍 免疫力低下が原因か】の続きを読む

    このページのトップヘ